●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2006年11月30日 クラプトンのコンサート

 昨夜、職場の仲間4人で武道館に出かけた。待ちに待った Eric Clapton のコンサートである。

 悪いことに、来年度の予算案提出の締め切り日と重なった。朝から大車輪で予算案に取り組み、午後3時には作業がほぼ終了に近付いたが、肝心の見積もりがいくつか出てこない。数字の入らない予算案なんてあり得ない。何度も請求の電話を入れ、

 「4時半までにはファックスします!」

 と心強い返事が返ってきたが、4時半を回っても事務所のファックスは惰眠をむさぼっている。この機械、壊れたか?
 4時45分、電話を入れる。

 「あと5分待ってください!」

 5時15分、電話を入れる。

 「担当者はただいま打ち合わせ中でして」

 5時半、来ない。切れた。

 本日の最優先行事はコンサートである。仕事など二の次のテーマに過ぎない。予算案の完成が1日遅れようと、地球は回り続ける。これは世界の常識である。

 「あのさあ、どうしても出てこない見積もりがあるのよ。向こうの手違いで明日になるみたい。とりあえず、仮置きの数字を入れて明日の午前中に差し替えるからよろしくね」

 予算担当に電話を入れた。
  5時40分、事務所を飛び出した。
 就業規則では、終業時間は午後6時までである。

 席はアリーナ。それも舞台に一番近い最前列である。私とクラプトンの間には誰もいない。仕事で知り合った知人に頼んだら、こんな極上の席を手に入れてくれた。1999年からクラプトンのコンサートの通っている私も、こんないい席で聞いたことはない。恐らく、これからもないだろう。
 仕事を二の次にした最大の理由である。

 7時10分、クラプトンはまだ舞台に登場しないのに、ギターの音が響き始めた。ん? と思っていると、すぐに姿が見えた。舞台袖からギターを弾きながら登場したのである。なんと、クラプトンのギターにはコードが着いていない! どうやら、ギターの音は無線でアンプに送り込むらしい。新兵器である。
  そして、私から見てやや右手、ほんの4〜5mのところに立って、クラプトンが歌い始めた……。

 なじみの薄いブルースナンバーが多かった。
 新たに迎えた若いギタリスト、ドイル・ブラムホール、デレク・トラックスのプレイがクラプトンの音楽とマッチしているか。
 最前列で聞いているというのに、この音は……。PA が悪いのか? 武道館が悪いのか?

 いくつかの?はあった。だが、クラプトンなのである。
 最後の2曲、Cocaine、Cross Road は、仲間4人全員が立ち上がり、音楽に合わせて縦乗りでフィーバー。日頃の運動不足解消に全員が努めた。熱狂の1時間50分。

 でも、間近で見ると、クラプトンもあごから首にかけて年齢が出てきたなあ。俺もいつかはあんなになるのかなあ……。

 終演後、帰宅を急いだ1人を除き、3人で有楽町の大衆中華料理店で余韻を楽しんだ。1人は酒がほとんど飲めない女性なのに、注文した酒は生ビールが4杯に紹興酒が6合。まだ耳の奥に残るクラプトンのギターと、安い酒の組み合わせが何とも心地よかった。

 ちなみに、ほとんど酒を飲まなかった女性から今朝メールが来た。

 タイトルは、「Wonderful Tonight」

 本文は、

 「なんて素敵な日! 生きていればイイコトもあるのね!」

 なかなか洒落た女性である。

 今朝、予算案を大急ぎで仕上げたことはいうまでもない。

 

前の日誌                 next
無断  メール