●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2007年12月14日 数値

 秋の健康診断血液検査結果が届いた。ほぼ満足すべき数値が並んでいた。

 

【肝機能】

今回
前回
参考値
解説
GOT
21
20
39以下
心臓・肝臓に多い酵素。これらの組織が障害されると値が高まる
GPT
26
20
49以下
肝臓に多く含まれる酵素。組織が障害されると値が高まる
γ-GTP
53
40
79以下
腎臓・膵臓・肝臓に多い酵素。値が高いとアルコール性、薬物生肝障害が疑われる
【脂質】        
総コレステロール
215
206
100〜219
細胞膜やホルモン・胆汁などの材料。多すぎると動脈硬化の原因に。
中性脂肪
298
349
149以下
皮下脂肪や内臓脂肪の主成分。糖質やアルコールの取りすぎで値が高くなり、脂肪肝や動脈硬化の原因になる
HDL-C
56
47
40以上
動脈硬化の進行を抑制する。喫煙で低下することも
LDL-C
119
118
65〜139
コレステロールを末梢細胞に運搬する。増加すると冠動脈疾患の危険因子に
【血糖】        
血糖
90
94
60〜109
慢性的に高いと糖尿病
HbA1c
4.8
4.7
5.5以下
過去1〜3ヶ月の平均的な血糖値を反映
【尿酸】        
尿酸
5.8
5.6
6.9以下
濃度が高いと痛風、動脈硬化、腎・尿路結石の原因に
【白血球系】        
白血球数
4.9
5.9
4.0〜8.9
体内に異物が入ると増える。喫煙でも増える。
【貧血】        
赤血球数
445
441
420〜570
体内に酸素を運ぶ。低ければ貧血症、高ければ赤血球増多症
血色素量
15.9
15.4
13.0〜17.9
体内の細胞に酸素を運ぶ。貧血で低下する
ヘマト
46.6
46.1
40.0〜52.0

血液中の血球の容量。貧血症だと下がる

 

 たかが数値、されど数値。
 これだけ酒を飲み、これだけ長期間喫煙を続け、そしてこの数値。しかも、唯一の泣き所である中性脂肪値も、この半年間で50ほど下がっている。健康診断で報告した体重減少とあわせ、この間の主食削減努力(食べるごはんの量をちょっぴり減らす)の効果が如実に表れている。
 欣快至極である。

 この分では、当面、病死などということはあり得ない。
 さあ、降ってわいたような事故に注意しつつ、これからも飲むぞ!

 

前の日誌                next
無断  メール