●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2008年5月30日 さすが、ではなかった朝日新聞

 朝っぱらから謝罪文を書くのは、なんともけったくその悪いものである。しかし、これは謝罪せずにはおけない。けったくその悪いことは早く済ますに限る。

 昨日の日誌で、朝日新聞の社説を絶賛した。だが、絶賛は誤りであることが判明した。我が不明を恥じ、ここに読者諸氏の許しを請う。

 誤りに気が付いたのは、昨日の日誌をアップして間もなくのことだった。

 「朝日はちゃんと落とし前を着けた。でも、ほかの新聞はどうしたのかな?」

 ふと、そんなことを考えた。
 ゴリゴリの経済合理主義者、というか資本主義万歳派である日本経済新聞は、民主党の暴挙をどう処置したのか? 経済とはあまり関係ないとして無視したのか?
 何につけても与党の肩を持つ読売新聞が、野党=民主党を批判できるこのチャンスを見逃すか?

 こんな時、ネット上にそれなりに便利なサイトがある。朝日、読売、日経が一緒に作っている「あらたにす」だ。ここでは3紙の1週間分の社説を読むことができる。まあ、社説を読みたい人がそれほどいるとは思えないが、何かの時には使える。

 で、「あらたにす」に行き、「社説」と書かれたタグをクリックした。29日の3紙の社説が芦原れた。
 日経は
 「地方分権は小出しの改革ではダメだ」
 「自衛隊も救援に加わろう」

 の2本だった。あれまあ、日経さんは無視かね。
 隣の読売は、
 「アフリカ支援 『成長の同伴者』めざす日本」
 「公務員制度改革 修正合意を具体案に生かせ」

 である。やっぱり、国会同意人事も民主党もない。
 ふむ、さすがに朝日新聞。他紙とはひと味もふた味も違う。やる時はやるもんだと、自分の書いた日誌を再評価した。

 でも、何となく胸騒ぎがした。朝日の社説は1日遅れだったのである。1日早くあの社説があったら、朝日新聞の悪口を日誌で書くことなんかなかったのである。
 まさかとは思うが、日経、読売が28日の社説で取り上げていた、なんてことがあり得るか?

 あった

 「同意人事の報道規制は撤廃を」(日経)
 「同意人事騒動 『事前報道』規制は削除せよ」(読売)

 えーっ、日経も読売も、書くべき日に書いていた! ということはあれか? チェックしてないけど、毎日も産経も東京新聞も、ひょっとしたら28日の社説で取り上げたのか? ひょっとして、ひょっとして、朝日新聞はそんなほかの新聞を見て、

 「そうか、うちでも書いておかねばまずいか」

 と押っ取り刀で後追い社説を書いたのか?

 そんな朝日新聞の社説を絶賛してしまった私の不明を恥じる。何事に限らず、褒めるのは至難の業である。だから、褒める時は脇をキッチリ締めておかねばならないのに……。

 
 気が付いたのが昨日なら、何故昨日のうちに謝罪しない?
 という真っ当な指摘が飛んでくるかも知れない。何故お前は1日待って謝罪をするのか?

 気が付いた時、2つのことを考えた。
 アップした日誌を修正しようか?
 もう1つ29日付の日誌を書いてアップしようか?

 どちらも採用しなかった。
 修正は、我が間違いを隠すことである。これはすまいと思った。修正前の日誌を読まれた方と、修正後の日誌を読まれた方で違いが出るのはよくない。
 同じ日に2つの日誌を書くというのは、イレギュラーだと考えた。日記帳に書く日記に、同じ日付のものが出てくることはない。普通は、すでに書いた日記に追記する形を取る。だが、公開している日誌でそれをやると、実質的には修正になってしまう。

 というわけで、1日遅れの謝罪とあいなった。ご寛恕ありたい。

 にしても、朝日新聞……。
 ふんどしを締め直せよな!

 

前の日誌                 next
無断  メール