●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2010年2月22日 長崎

 長崎知事選で民主党の推す候補が負けた。
 ああ、そうか、である。 
 なんでも、民主党政権の支持率が落ちているのが原因だそうだ。鳩山、小沢氏の金銭疑惑が、民主党への国民の離反を招いているといろんなメディアが分析している。

 まあ、それはそうだろうって。だって、新聞もテレビも、まるで談合でもしたかのように両氏の金の問題を報道し続けたもんな。それで国民が動かなかったら、メディアをやめた方がいい。影響力のないメディアなんて、音の出ないステレオ、絵が出ないテレビみたいなもんだ。   
 その限りにおいては、長崎知事選を通じてメディアは

 「俺たち、まだ影響力あるもんね」

 と胸を張っているわけで、ご同慶の至りである。

 また、大局的に見ても、すべての選挙で民主党が勝つのは御免被る。権力は腐敗する。絶対的権力は絶対に腐敗する。民主党が勝つのはそこそこでなければいけない。いまのところ唯一の対抗勢力である自民党はそこそこ勝たねばならない。常に、次の選挙では政権が変わるかもしれないという緊張感がよりよき政治をもたらす。
 私はそう思う。

 だけど、なのだ。
 国民は、いったいどんな政権を求めているのだろう?
 あるいは、どんな政権なら日本はうまくいくのだろう?

 そりゃあ、小沢さんが真っ白けだとは、私も思わない。だが、定められたルールの範囲内で、己の利益を最大限に実現しようというのは、すべての人に認められた権利である。もちろん、小沢さんにもその権利を持つ1人である。
 小沢金権疑惑で解明されなければならないのは、小沢さんが法律というルールの範囲内で己の利をはかったのか、それとも己の利をはかるあまり、法律で許された範囲を超えたか、である。
 検察が小沢さんの起訴を見送ったのは、小沢さんが法律で許された範囲を越えたという確証が得られなかったからである。であれば、小沢さんはルール内で行動している。そう判断するしかない。金権疑惑は一段落したと見なければならない。

 ところが、マスコミの世界で暮らしを立てる人々、彼らの作品を見たり読んだりした有権者という人たちは、検察から疑惑の目を向けられたというだけで、いまだに小沢さんを、小沢さんが率いる民主党を許そうとしない。

 私は、真面目なだけで何もできない人間より、悪でもいいから結果を出す人間を評価する。それが大人の判断だと思う。
 でも、みんなは……。

 ねえ、どんな政権を求めてるの?
 どんな政権なら日本はうまくいくと考えているの?

 私は、政権を持つべきは、いまの自民党ではないと思う。少なくとも1、2年は民主党政権を見てみたいと思う。
 そんな人が、急速に減っているのが気にかかる。

 
 さて、昨日は日曜日にもかかわらず、飲み会であった。飲み会ということで5人集まったはずなのに、酒を飲んだのは私だけ。3人はウーロン茶しか飲まず、残る1人は確かビール1本だけ。
 割り勘勝ちした!
 と喜んでいいものか。
 1人だけ恥をさらした
 と反省した方がいいものか。

 夕刻、散歩に出た。歩き始めは腰がピリピリした。洗車で、という情けない始まり方をした今回の腰痛は、まだ居座っている。
 が、歩くうちにピリピリがピリ程度に減った。
 多少は緩解の方向に向かっているらしい。
 さて、明日はどうなるか。

 

前の日誌                 next
無断  メール