●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2010年11月22日 言論統制

 柳田法相が更迭された。法相にあるまじき不用意な発言が原因である、といわれている。
 だけどさあ、この人のいったこと、そんなにおかしいか?

 柳田氏の発言を朝日新聞からひく。

 「法務大臣はいいですよね。二つ覚えておけばいいんですから。『個別の事案についてはお答えを差し控えます』。これはいい文句ですよ。分からなかったらこれを言う。これでだいぶ切り抜けてきました。あとは『法と証拠に基づいて適切にやっている』と。この二つです。何回使ったことか」

 様々な人が、様々な言い方で、こんな発言をする人は法務大臣に相応しくない、と拳を振り上げた。
 でも、私は思う。

 「この発言の、どこが問題なわけ?」

 だって、日々、国会で繰り広げられている茶番劇の本質を、これほど痛烈にえぐり出した発言は、かつてなかったのではないか?

 この切り抜け方は、法務官僚が柳田氏に教え込んだのに違いない。そうでなければ、素人の柳田氏が、独自でこれほど素晴らしいテクニックを編み出せるはずがない。
 ということは、長年続いた自民党政権もとで、法務官僚と時々の大臣が磨きに磨きをかけて練り上げてきた切り抜け方なのである。

 その、本来なら外に出しては行けないテクニックを、ポロリと漏らした。それを聞いて、多くの人が怒る。なぜだろう?

 まず、野党にずっこけてしまった自民党が怒るのが分からない。
 だって、自分たちが政権を持っている間、使い古してきた手立てでしょう。それを、憎っくき民主党の法務大臣が使う。それだけでも

 俺たちが長年かけて培ったノウハウを、何の断りもなしに使うのか?」

 怒り心頭に発しているのか?

 いや、柳田氏が国会でこの二つを使ったときは怒ってない。
 だとすると、その仕組みを柳田氏が暴露してしまったことを怒っているのか? 俺たちのテクニックを剽窃するまでは許す。でも、その発言の中身をあからさまにしてしまっちゃあ、俺たちが政権を持っていたときのいい加減さが分かっちゃうじゃないか、ってか?

 そんなもの、分かっちゃった方がいいのである。

 「私、あなたのことを心から愛してるわ(もっと好きなのは、あなたの持ってるお金だけど)

 という発言の()の中は、普通発言されない。でも、本当は発言された方がいいのである。本当のことが分からなくては、いわれた私も対処のしようがないではないか。
 あ、私、女に惚れられるほどのお金は持ってないけれど。

 いや、私だって、昨日今日産まれた赤子ではない。人と人が作る世の中で、口にしたらすべてが壊れてしまうことがあるのは充分承知である。

 「いやあ、先日は結構な物をいただきまして(まずくて俺は食えなかったけど、うちの犬が喜んで食ってたぜ)

 「先生、素晴らしい作品ですね(駄作だけど、こいつの描いた絵は売れるからなあ。悪貨は良貨を駆逐する、とはよくいったものだ)

 「君のこと、心から愛してるんだ(中でも、君の身体をね)

 ねえ、この()の中を口にしたら、そこですべてが壊れるよねえ。だから、心に浮かんだことをそのまま口にしてはいけないと学ぶことが大人になることなのです。

 でも、政治の世界は違う。何しろ、国民の代表が寄り集まって日本をどうしようかと議論する場である。この世界に建前だけの議論があってはうまくない。その場しのぎの答弁があっては議論が深まらない。とりあえず、表面的なつじつまが合っているということだけで物事が進められては、我々は大変な迷惑を被る。
 本音で、実態に沿った議論を進めて施策を決めてもらわなければならない。

 だから、柳田元法相の発言を、私はこう聞いた。

 ねえ、皆さん、自民党政権って、こんないい加減なことで国会を乗り切っていたんですよ。まあ、それを追求し尽くせなかった私たちも問題だけど、よりいい加減なのは当時の自民党ですよね。私たちは、そんな自民党政権を打倒したのです。そういう観点で、私は精一杯法務大臣の職を務めております。
 でもねえ、素人の悲しさか、時折答弁に詰まるんです。そんなとき、ついつい、自民党時代に編み出された魔法の言葉に縋っちゃうんですねえ。
 御免なさいね。もう少し勉強して、魔法の言葉に頼らなくてもすむ私になりますから、もう少し待っててね。

 
 いや、私は柳田氏とは一面識もない。この人の人柄も、なぜ政界を目指したのかも、政策も、全く無知である。だから、私の耳に雑音が入っている恐れは十分ある。

 それでも、自らの非を顧みずに言葉狩りに奔走する自民党に情けなさを感じる。
 政治家は建前論をしゃべるべきだという前提に立って(彼らの発言を読んでいると、そうとしか思えない)、柳田氏に非を唱える識者に、もう少し勉学に励んだら、といいたくなる。
 ユーモアを解さず、柳田発言を攻撃する街のオッちゃんおばちゃんに、絶望する。

 さて、これで菅内閣、どうなりますことやら。
 まあ、これがなくても、それほど長生きはしない気はしているが。

 

前の日誌                   next
無断               メール