●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2011年1月8日 ひな人形

 を見に行ってきた。
 
 お断りせずともご理解いただけると信ずるが、私の趣味ではない。動かず、声を出さず、触っても何の反応も返してこないフィギュアに、私は何の関心もない。

 が、我が妻女殿と次女は、年明けから大きな関心を示している。新宿。伊勢丹に出ているひな人形がどうの、横浜のそごうのやつがこうの、と情報交換に余念がない。

 そうなのである。昨年、我が一族に璃子が加わった。今年、璃子が初めてひな祭りを迎える。
 それだけなら、私は無関心を決め込むこともできる。白酒など飲みたくもないし、間食をしない私はひなあられを食べたいとも思わない。
 ところが、である。どうやら、璃子のひな人形を買うのは私の役割らしいのだ。だとすると、他人事ではない。

 「伊勢丹の、これいいねえ」

 正月、妻女と次女の会話が遠くから聞こえてくる。

 「100万円かあ。値段もいいわねえ」

 おいおい、お前たち、お前たちはいったい、私の財布をどの程度のものと考えておるのだ? 人形に100万円? そんな金があったら、横浜の自宅の駐車場のフェンスを新しくしても、まだお釣りが来るぞ!

 
 今日は、みどり市大間々町まで出かけた。ここで、私の知り合いが人形店を開いている。

 「最近はねえ、五月人形もひな人形もネットで買う人が増えて、私たちもネットの値段を気にせざるを得なくなってるんですよ。うちはねえ、ネットより少し安い値段をつけてます。そうじゃないと商売にならないから」

 人形やさんもなかなか辛い時代である。それでも、ひな人形が終わり、五月人形が終わると、ひな人形の仕入れを始める年末まで仕事は暇らしい。
 1年を半年で暮らすいいじいちゃんが経営する人形店である。

 それほど広くない店に、数十のひな人形が飾られていた。
 まあ、都会ではない。高価なひな人形が売れる土地柄でもないはずだ。という思い込みは、値段札を見た瞬間に吹っ飛んだ。

 「えっ、これが50万円!」

 おいおい、ネットより安くするっていってたんじゃないの?
 目をこすって値段札を見直してやや安心した。
 42万5000円と書いてある札の右上に、小さな数字でこの店の値段が書いてあった。27万円。

 「へーっ、こんなに安くするんだ」

 安くなっていても、27万円はちと、いやかなり高いが。

 妻女が指さすひな人形を6つ、写真に収めた。
 私が気に入ったのは、ちと、いやかなり高い27万円のものである。屏風には本物の桜の花が埋め込まれている。何よりよかったのは、官女のまとう着物の色だ。赤と黄色を主体にした派手な着物が多い中で、この人形だけは紫がかったシックな色合いの着物を着ている。お洒落である。

 「でも、27万円はなあ……」

 とつぶやいていたら、聞きつけたのか女将さんがいった。

 「こちらは、全体はやや小振りになっていますが、人形は同じですよ」

 なるほど。金箔の屏風の前で確かに同じ人形が鎮座している。30万円、売値は19万5000円……。

 とりあえず娘に相談するといって引き上げてきた。
 夕方、店主から電話をもらった。

 「勉強させてもらいますんで、よろしく」

 勉強程度ではなく、できればガリ勉して欲しいところである。

 「娘の意向を聞かないと何とも。ところで、おたくの店に置いてないヤツも取り寄せてもらえますか? 娘が横浜や東京で見て気に入るのがあるかも知れないし」

 「取引のある先だったら、お取り寄せします。ひとつ、よろしく」

 さて、我が家の家計からどの程度の金が消えることになるのだろう?
 
 しかし、と考える。ひな人形を買うとは、非常に不思議な買い物である。
 これから買うひな人形は、璃子のものである。それなのに、所有者になるはずの璃子の意向は全く斟酌されない。どれを買うか決めるのは、璃子の母親である次女、それにバーバである我が妻女である。いや、部分的には私の財布の重さも関係するが。
 璃子が物心ついたとき、

 「璃子、このおひな様嫌い!」

 といわない保証はどこにもないのだが。


 さて、我がヘルニアである。
 医者の言いつけをきっちり守り、毎食後、きちんと薬を飲み続けている。薬の効果か、我が自然治癒力のおかげか、あるいは単なる思い込みか、そのあたりははっきりしないが、左脚に少し力が戻ってきたような気がしてきた。ほとんど持ち上がらなかった左脚のつま先も、座った状態で12cmほどは持ち上がるようになった。右足は16cm持ち上がるから、まだ完全ではないが。

 と、とりあえずは順調な回復過程にある私だが、妻女は再び腎臓が悪化しているようだ。排尿した跡のトイレが再び泡立つようになった。尿タンパク値が上がっているのであろう。腎臓の機能が衰えている証である。

 「また薬の量が増えるのかしら」

 妻女は憂鬱そうだ。
 妻女を前橋日赤に連れて行くのは、今月は25日。今年も、お医者様にはたっぷりお世話になりそうである。

 

前の日誌                               next
無断               メール