●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2011年4月29日 秘密基地

 明日から横浜に戻る。5月3日に桐生に帰ってくる。

 「待ってる女がいてね」

 と書きたいのは山々だが、少なくとも現時点では、そのような女性が存在するとの確報は得ていない。璃子も女ではあるが、まだ、私を心待ちにするほどには成長していない。待っているのは瑛汰である。


 「ボス、本棚作って」

 というリクエストが来たことは、3月8日に書いた。ところが、あの地震と津波、原子力発電所の事故で動けなくなり、ほかの仕事にも追いかけられて、とうとう横浜に行くことができなかった。やっと、約束を果たす。

 本棚を作る職人がなかなかやってこないことに、瑛汰は焦れたようである。

 「ボス、を沢山持ってきてね」

 という次にリクエストが入ったのは、1週間ほど前だ。

 「紙? 瑛汰、何をするんだ?」

 と当然の質問をした。絵でも描こうというのか? ところが、思いもよらない答えが戻ってきた。

 「あのね、百科事典を作るの」

 百科事典? 瑛汰、どこでそんな言葉を覚えた? しかも、作る? 百科事典を?

 「瑛汰、凄いね。瑛汰が百科事典を作るの?」

 これも、当然の疑問だと思う。答えは予想外だった。

 「違うの。ボスと瑛汰が作るの」

 瑛汰と私が、百科事典を作る……。
 
 「ボス、いいですか? 瑛汰とボスで作るんですからね!」

 瑛汰の目には、ボスは万能の巨人に見えるらしい。瑛汰、それは光栄なことだが、ボスは知らないことがたくさんあるんだけどね。
 と思いながら、が、やらざるを得まい。どんな物ができる事やら。

 「瑛汰、明日いくからね。待ってろよ。本棚と百科事典を作るんだよね」

 夕方電話をした。

 「そうだよ。ね、ボス、トンカチ持ってくる?」

 「うん、ちゃんと用意してある」

 「のこぎりは?」

 「心配しなくていい。それも持っていく」

 「じゃあ、はしごは?」

 はしご? はしごを何に使う? 外壁にペンキを塗る訳じゃないぞ。

 「瑛汰、本箱を作るのにはしごはいらないと思うけどなあ」

 「違うの。瑛汰、ボスと秘密基地を作るの。だから、はしごがいるの」


 秘密基地……。いったい何が欲しいのやら。
 横浜ではこき使われそうである。

 
 3日には、四日市から長女、啓樹、嵩悟が来る。今年1年生になった啓樹は、2日が遠足だそうで、それを終えての旅である。当日、東京駅まで迎えに行き、その足で桐生に向かう。

 「あのしゃ、僕しゃ、桐生に行くの、楽しみなんだよ」

 昼間、啓樹から電話が来た。

 「そうか、ボスも楽しみに待ってるよ。東京駅まで迎えに行くからね。元気に来るんだぞ」

 「はーい」


 啓樹のリクエストは、LEGOである。「スターウォーズ T-6ジェダイシャトル 7931」。今月の20日すぎにでたばかりの新製品だ。

 「啓樹、これ、出たばかりじゃないか。よく知ってるね」

 「だってしゃ、啓樹、パンフレットがあるもん」

 なるほど、情報収集に努めている訳か。

 「注文したからね。3日の夜に届くよ」

 「えっ、そうなんだ」

 「うん、だって、ボスは明日から横浜に行くだろう。だから、いないときに届いてもいけないので、3日に届くようにしたんだ」

 「ねえ、届いたら、啓樹の横に置いといて」

 「啓樹、啓樹が寝る前に届くよ」

 「そうなんだ。でも、お風呂に入っていたら困るね」

 「多分、晩ご飯を食べているときに届くと思うよ」

 「えっ、だったら、お風呂に入ってご飯を食べて、それで時間があったら、少し作って寝るから」

 「ああ、いいぞ。ボスは手伝わなくていいのか」

 「大丈夫だよ。一人で作れるよ」

 「だって、8歳からって書いてあったよ」

 「啓樹は、もっと難しいのも一人で作ったからできるって」

 「ふーん、じゃあ、ボスは見てればいいんだ」



 という啓樹ご一行は7日頃まで滞在する予定である。そして、四日市に戻る日は、東京駅まで送らねばならない。

 今日から連休である。なのに、明日からワークデイより忙しい日々が始まる。

 

前の日誌                               next
無断               メール