●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2012年3月22日 憂さ

 桐生は世間の憂さの捨て所なのか?
 昨夜、予定通り前橋から3人がやってきて飲み会を開いた。
 

 桐生駅まで車でお迎えにあがり、予約しておいた寿司屋に伴った。ほかに客はいない。我々は、すでに用意が調っていた座敷に誘(いざな)われた。席に着く。すると、

 「いやあ、安堂さん、酷いと思いません? 今のボス」

 開口一番、前橋に鎮座する群馬県エリアのボスへの批判が始まった。仕方なく、じっと耳を傾ける。このようなときにはあれこれ口を挟むのではなく、黙って聞くに限る。下手に口を挟むと、火に油を注ぎかねない。

 仕事をしない。ケチである。部下とつきあわない。夕方になると、一人さっさと職場を離れる。会社の金を使わせてくれない。

 「今日だってね、夕方、一人テレビの前に座って相撲見てるんですよ。時々、一人で『おーっ』なんて声を出して。相撲が終わったら、もう姿が見えない」

 そのボス、4月1日付けで東京に転勤する。

 「一緒に転勤する連中は、連日送別会が続いて、だから今日は転勤組は誰も来られなかったんですけど、でも、相撲が終わったら事務所からいなくなったあいつは、きっと1つも送別会はないんだと思いますよ。今日だって、自宅に直帰のはずです。だって、前橋で誰ともつきあっていませんもの。送別会を開いてくれる人なんかいるはずがない」

 さんざんな言われようである。が、火のないところに煙は立たぬとも言う。

 「ねえ、安堂さん、あいつ、どんな奴だと思います?」

 まあ、私にしたところで、今のボスにはいい感情を持ったことがない。いや、前橋に来た当初は、その前のボスがあまりに酷かったので期待した。酒の席で、

 「ぼくの前任者、あいつは無責任です。若手を育ててない。今の若手、ちっとも育っていませんもの。私の最初の仕事は若手の育成です」

 などというものだから。こちらもすっかりその気になって

 「その通りだ。できる応援はする。頑張ってくれ」

 などと行ったこともあるが、その後の姿を見ているとねえ……。
 そうそう、彼はどんな奴か。

 「うん、俺は桐生にいて、あいつの顔を見るのがいやで前橋にほとんど行かないが、数少ない接触から判断すするに、自分以外にたいする関心が全くない人だね。常に自分の負担を最小限にしようとする。部下の不満や不安をちっとも見ようとしない。会社の馬鹿な制度のために俺たちが困って、『何とかならんか』と相談しても、『だって決まってるんだからしょうがないじゃないですか』といって、それに代わる抜け道を教えてくれるのが関の山だ。一度そんなことがあって、あれ以来、俺は奴と口をきくのがばかばかしくなった」

 「なるほど、自分以外に興味が持てないタイプね。うん、それはぴったりの表現だなあ。そう、そんな奴ですよ」

 そのボスと同じ日付で転勤する仲間は5人。明日は、その送別会が前橋で開かれる。参加するのも億劫なのに、挨拶まで頼まれた。ふむ。

 そうそう、前橋で体いっぱいに堪った憂さを桐生まで捨てに来たらしい3人は、日付変更線をまたぐかまたがないかという時間に、ご機嫌でタクシーに乗り込んだ。

 うち一人から、今朝メールが来た。

 「昨日は楽しかったです。新しいボスが来られたらまたやりましょうね」

 そうか、楽しかったか。ま、あれだけ悪態をつけばなあ。
 新しいボスは、かつて私の同僚、部下として一緒に仕事をした男である。曲がったことが大嫌いで、お上に楯突くことも辞さないタイプであった。だから、

 「あの頃と人柄が変わってなければ、次のボスは期待できる」

 と彼らに話したことがある。そのニューボスと一緒に桐生で飲もうってか。そんなに桐生が気に入ったか?
 
 まてよ。ひょっとしたら彼ら、私と新しいボスの昔の関係を聞いて、

 「安堂は新しいボスのボス」

 とでも勘違いしたのではないか? 将を射んと欲すれば先ず馬を射よ、という。安堂を抱き込めば、新しいボスに影響力を行使できる? 俺は馬か? 確かに、顔は長いが……。

 彼らが何を考えて桐生で飲みたいというのか。しばらく距離を置いて観察しなければならないのかも知れないなあ。 

 

前の日誌                             next
無断               メール