●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2013年2月23日 喫煙問題

 またまた禁煙派と、それに肩入れする朝日新聞が、我ら愛煙家に脅しをかけてきた。

 今日の朝日夕刊に、

 「飲食店の受動喫煙、北京並み」

 という見出しの記事が出た。何事ならんと読むと……。

 中国で、PM2・5と呼ばれる微細粒子状物質(直径が2.5マイクロメートル、つまり0.0025ミリメートル以下の浮遊物質。工場の排煙や自動車の排ガスに含まれているそうだ)が、大気汚染の原因、ひいては健康被害の大本と問題化しているが、おっとどっこい、日本はもっと大変なことになってまっせ。
 あんたら知らんかもしれへんが、日本で喫煙可をうたってる料理屋やカフェの汚染度、大変なもんでっせ。福岡の喫茶店は1立方メートルあたりで平均371マイクログラムもあるし、横浜のカフェで測ったら200〜700マイクログラムもありましたんや。
 よろしいか、これ、中国の屋外と同じでっせ。わてら、スモッグがあんなになるまで放っておくなんて、中国人はアホや、いうて笑っとる場合やおまへん。ここで働いてる兄ちゃんや姉ちゃんは、中国・北京のホームレス並みの呼吸しかできてまへんのや。
 何とかせなあきまへん!

 と書いてあった。

 素直な読者なら、

 「それは大変だなあ。やっぱり禁煙を徹底しないと、日本人はみんな健康を害してしまうぞ」

 と眉間を曇らせるのであろう。
 が、私は名だたる「素直でない読者」である。

 「この記事、変だ! ふざけんじゃねえ!!」

 と直ちに思ったのである。

 
 まず、数値の取り方がでたらめだ。福岡では平均371マイクログラム。横浜では200〜700マイクログラム。これだけ幅のある数字を示されて、

 「中国の屋外の濃度と同様の濃度」

 といわれても、頭を抱えるばかりではないか。中国の屋外濃度はどれほどあるのか。200なのか700なのか。「同様の濃度」と書くからには、日本が中国を上回っているのではなかろう。もし上回っているのなら、

 「中国の屋外以上の濃度も」

 と書くはずだ。
 とすれば、中国の屋外濃度は、少なくとも700以上である。例えば、中国を800マイクログラムとしてみよう。これに比べて、371マイクログラムは「同様の濃度」なのか。200マイクログラムはどうか。

 一見科学的な記事であるのに、この数字への無頓着ぶりは見事である。

 それに、だ。
 ここに書かれている、タバコによる微細粒子状物質は、本当に健康に悪いのか?

 私が子供のころ、というか、大学生になってからもそうであったと思うが、日本のバス、電車、汽車は、すべて喫煙可であった。流石に満員の車内でタバコを吸う人はほとんどいなかったが、多少混んでいるぐらいなら、愛煙家は遠慮せずにタバコを取り出し、マッチで火をつけた。当然、車内中に副流煙が行き渡る。バスに乗る、電車に乗ると言うことは、タバコの香りをかぎに行くことと同じであった。
 つまり、私の世代は、子供のころから副流煙にまみれて生きてきた。私より年長の方々も同じである。

 なのに、日本人の平均寿命は縮まることを知らず、一貫して伸び続けて、いまや男も女も世界のトップクラスである。
 タバコの副流煙とは、本当に健康に悪いのか?

 「当時は、世界中がタバコを吸っていました。その中で日本人の平均寿命が延びたのは、豊かになって栄養状態がよくなったこと、環境衛生が徹底して極めて清潔な町になったこと、医療制度が充実したこと、などの寄ります。いま、世界の潮流はタバコ離れです。日本も禁煙を徹底しなければ、日本人の平均寿命はやがて、禁煙を徹底須多欧米に抜き去られます」

 という反論が直ちに返ってきそうだが、それって本当か? 単なる思い込みではないか? あの、脂ぎった欧米の連中の寿命が今以上に延びると、本当に信じてるの?

 そんなこというの? だったら俺、タバコを吸いながら120歳まで生きてやろうか?
 そうだな、そうすれば、ほら、貴女、貴女とは30歳の年の差があるが、私が120歳になれば貴女は90歳。ね、年の差なんて関係ないだろ?

 
 いずれにしても、である。
 テレビが流す北京の町の様子は衝撃的だ。モヤで先が見通せない。少なくともテレビに映る人たちはマスクをし、日本製の空気清浄機が奪い合いになっているという。
 日本国民全体に、

 「北京は人が住める状態ではなくなった」

 という思いが強まったいま、

 「タバコが吸える日本の屋内の空気は、北京以上にひどい状態です」

 と、比較可能な数値も示さずに喫煙の害を訴えかけるのは、

 「この薬なあ、ほんまによう効くんでっせ」

 といいながらジャケットの前を開け、肩から吊したホルスターに収まった拳銃を見せるやくざ商法である。品がないこと、この上ない。

 科学を標榜するのなら、科学的に読者を説得せねばならぬ。

 朝日新聞殿、ご一考願いたい。
 にしても、記事の元になった学者さんたちも、これでいいのかねえ……。

 

前の日誌                             
無断               メール