●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2013年5月17日 橋下発言
 
 我らが橋下君、相変わらず叩かれている。
 今日の夕刊によると、アメリカの報道官までが

 「言語道断!」

 と切り捨てたそうだ。

 言語道断とは、言葉に表せないほどひどいこと、なのだそうだが、さて、アメリカの報道官にそのような言葉を使う資格あるのかどうか。
 私なんぞは、

 沖縄での米兵によるレイプ事件すら防げなくて、よくいうわい。いってて恥ずかしくないのかしら? それとも、恥じらうという勘定を持ち合わせていては政府の報道官なんて務まらないのか」

 と鼻白んでしまった。
 そんな発言を縦にとって橋下君を批判している気になっている日本のメディアもいかがなものか。


 前回、書き忘れたから書き足しておく。

 私は、事の本質は軍にあると思っている。つづめていえば、いまだに戦争というものがあり、戦争をするかどうか決めるのは政府というおじいちゃん、お婆ちゃんの集まりで、実際に戦場に投げ込まれるのは、血気盛んな若者であることがすべての始まりなのだ。

 アメリカは売春婦で、ロシアはレイプで、日本は慰安婦で解決した、と書いたものがあった。戦後、日本に進駐軍として入ってきた米国が、日本にそのような女性を確保せよと求めたのとの指摘もある。戦場に投入される若者たちに生理はつきまとう。兵士の性欲をどう処理するかの問題は避けて通れない。

 戦場とは家族や恋人を連れていける平穏な場所ではない。明日は死ぬかもしれない極限の状況にいる兵士たちだ。倫理や道徳を説いても無駄である。
 無論、どのような状況にあろうと、清く正しく生きようとする兵士もいる。だが、子だくさんの橋下君に限らず、我慢できない兵士もいるのが現実である。政治の延長上にあるという戦場に無理矢理送り込まれた彼らが現地でレイプする。売春婦を買う。軍隊とともに移動する慰安婦に一時の慰安を求める。
 いいことでも、正しいことでもない。だが、それを批判すればこと足りるのか?

 橋下批判に血道を上げるメディアは、木を見て森を見ない集団である。戦争という現実があるかぎり、兵士たちが何らかの形で性欲を処理するのは避けられない。戦争という巨悪に必ず伴う悪なのだ。である以上、目の前の悪を批判しても、実は解決策はない。
 森があるから、そこにその木がある。なのに、その木にばかり目を向けて森の問題を見ようとしない。 むしろ、橋下発言批判で読者、視聴者の小さな正義感を満足させ、実は彼らの目を事の本質からそらしているのではないか。
 橋下発言を機に、戦争という本質に切り込もうとしないマスメディアは不要である、と私は思う。


 話はさかのぼるが、先の日曜日、久しぶりに洗車した。情けないことに、その日夕から腰が痛み始めた。週末金曜日になっても、違和感が残る。
 齢を重ねるとはこのようなことか。情けないが、受け入れるしかない。

 「では、私が洗車してあげます!」

 なんて親切心を持ち合わせている人は……、いないだろうな、多分。

 今日、事務所のエアコンが新しくなった。
 数日前、この春一番という高温の日、余りの暑さに事務所のエアコンを稼働させた。風は出るのだが、ちっとも部屋が冷えない。汗が流れっぱなしである。

 「どうした?」

 とリモコンを見ると、表示が「暖房」になっていた。ああ、それなら冷えないのは当たり前だ、と冷房に切り替え、設定温度を24℃にした。それでも涼しくならない。だったらと20℃にして10分待ったが、一向に室温は下がらない。

 一昨日、電気屋さんに来てもらった。

 「ああ、ほら、いまガスを補充してるんですが、ガス圧が上がりませんねえ。どこか漏れてるか、コンプレッサーがだめになっているか」

 という次第で、入れ替えることにした。会社の資産だから、私の腹は全く痛まない。
 今朝、付け替え工事が行われた。エアコンが必要な日ではなかったのでまだ試していないが、試験運転では確かに冷たい空気が出ていた。

 これで、この夏は安心である。本格的な暑さを迎える前に付け替え工事をしたので、時間もかからなかった。全くいいときに故障してくれたものである。

 今年の私は付きがあるのかな?
 よし、宝くじでも買ってみるか!

 

前の日誌                             
無断               メール