●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2014年5月22日 不条理

 世の中には訳の分からないことが多すぎる。いいかえれば、わけのわからないことが多発するのが世の中である。

 何故か、あれほど絶不調であったiMacが元気になった

 前回の日誌をかいたころは青息吐息であったはずのiMacが、いまは何故か、一時の不具合が嘘だったかのように健気に働いている。ちなみに、あの時急上昇していたCPUの温度は、現在35℃。GPUも47℃である。ともに、全くの正常値だ。氷枕どころか、水で濡らしたタオルで熱を取ってやる必要すらない。いまiMacに触ると、ほのかに暖かい程度である。

 何が起きたんだ?

 と自問しても、何も思いつくものがない。
 ちょうど2日前、

 「買い換えざるを得ないか。そうすると、ソフトの買い換えも必要になるし、総額15万円で済むかいな?」

 と懐勘定をしながら電源を落とした。
 私がやったことは、その程度である。

 昨朝、再び電源を入れ、

 「まだ壊れてないな」

 と胸をなで下ろしつつ、本当に壊れていないかどうかのテストのつもりで、前日までどうしても読み込めなかったCDのリッピング作業を始めてみた。これでCPUGPUの温度が急上昇するようなら、暇を見つけて新しいiMacを買い求めに行く覚悟を固めていた。
 念のため、ディスプレーの輝度を下げた。少しでもGPUの負荷を下げようと考えてのことである。

 で、ドライブに入れっぱなしだったCDのリッピングを始めた。前日までは、これを始めると、とたんにCPUGPUの温度が急上昇し、処理速度ががた落ちた。つまり、通常は3倍速、5倍速で進むリッピング作業が、0.3倍速、0.1倍速、場合によっては0.0倍速までになり、1曲を読み込む残り時間 が5時間27分52秒、などと表示されていた。

 それなのに、だ。昨朝はスイスイと読み込んで行くではないか、傷がついたCDの読み込みでは流石に速度が落ちて0.1倍速になることもあったが、それでも作業は進んだ。
 そして、より重要なことは、それほど速度が落ちても、CPUGPUの温度は正常値の範囲内だった。つまり、処理速度が落ちたのはあくまでCDの傷のためで、CPUGPUの温度上昇が原因ではなかったのである。

 かくして、残っていた7、8枚の読み込みが何の問題もなく終わった。その間、CPUGPUの温度は正常値を保っていた。

 狐につままれた、とはこのようなときの心理を表す。
 だって、私は何もしていない。それどころか、パソコンに詳しそうな知り合いに盛んにヘルプメールを送り、

 「でも、返事が来ても、iMacを買い換えるまで見られなかったらどうするのだ?」

 と心配していたのである。

 健康になったらしいiMacに、私は新たな課題を与えてみた。リッピングして内蔵のHDに蓄えた音源を、外付けのHDにコピー、バックアップを取ったのだ。
 最初は恐る恐る、1ギガ、3ギガ程度のコピーから始めた。やってみると、何ということもなく作業は終わる。であれば、と、残り全部をコピーする指令を出して私は家を出た。数時間後に戻ると、コピーはすべて終わり、しかもCPUGPUの温度は正常値であった。

 どう考えても、これは不条理である。もう買い換えるしかないかと見切りかかったiMacが突然、何故に健康体になるのか?

 そういえば、Macには神話があった。ユーザーの心理を読み取るという神話である。
 わがiMacは、

 「いかん。こんな醜態をさらしていたら、私は捨てられる、解体され、バラバラになって売り飛ばされる!」

 と危機感を持ったのだろうか?
 すべてが理屈通りに進むはずの電子機器の世界でも、時折このような不条理が起きるらしい。

 しかしな、iMac、俺はお前を100%信用はできなくなった。次に狂いだしたら、もう買い換えるからな!

 こういっておけば、我がiMacは、もう少し頑張ってくれるのではないか?


 ネットワークオーディオ、徐々に真犯人が見えてきた。
 前回に日誌に書いた不具合の原因はどこか。それを探るために昨日、実験をした。やっぱり無線LANらしい。

  当初、無線LANと同等に疑ったのは、NASである。BUFFALO製のこのNAS、ネットで見るとすこぶる評判が悪い。中に入れたファイルの数が一定限度を超すと、HDにどれだけゆとりがあろうと動作が不安定になるらしい。高い金を取りながら、困った製品である。だから、今回の混乱の原因は、NASに格納した音楽データの数(容量ではない)が多すぎたのではないか、と考えた。それなりに順調に稼働していたところに、新たに40ギガ弱の音楽データを入れたからである。

 であれば、どちらが真犯人であるかを探るしかない。

 NASが障害の原因なら、プレーヤーをNASから解放してやれば正常に動くはずだ」

 このような思考法を科学的という。
 私は、NASとプレーヤーとの接続を切った。こうすれば、プレーヤーはNASの影響を受けない。そうして、プレーヤーのUSBポートに音楽データの入ったUSBメモリーを挿した。これでスムーズに音楽が聴けるか?
 その結果、それでもプレーヤーが正常に作動しなかった。リモコンではちゃんと動くのに、iPadに入れた操作アプリは相変わらずプレーヤーを認識しない。

 では、と、プレーヤーをリモコンで操作してインターネットラジオを聞こうとした。ところが、ラジオ局がなかなか出てこない。局を探し当てるのに大変に時間がかかる。プレーヤーからインターネットへのアクセスがうまくいっていないということだ。
 一方で、プレーヤーの操作アプリが入ったiPadは、ちゃんとインターネットにアクセスできる。

 無線LANの親機と交信するiPadは、スムーズにインターネットの世界につながる。ところが、無線LANの子機を介して親機につながってインターネットに出ていくネットワークプレーヤーは、なかなかインターネットに接続できない。ということは、疑うべきは、無線LAN親機ー子機間の通信障害である。iPadだって、無線LANの親機を介して子機ーネットワークプレーヤーとつながるのだから、親機ー子機間のコミュニケーションが途絶えていれば、プレーヤーを認識できないのも肯けるのだ。

 ということで、当面の買い物計画を立てた。
 まずは、無線LAN機器。BUFFALOは信用ならぬ。加えて、電話での問い合わせがなかなかつながらない。このような会社ので遺品は避けるべきである。
 と思いつつネットで探すと、NECAterm1800の評判がいい。親機・子機のセットで2万5000円強と安くはないが、必要とあらば買うしかない。

 そして、同じBUFFALONASも用済みとする。代わりに採用するのは、NASのベンツといわれるQNAPの予定である。これも安くはない。HDの容量は安全を考えて3テラにしようと思うので、必要経費は4万円強。

 次々と、ダラダラと金が流れ出していく。
 しかし、なのだ。
 皆さん、ネットワークオーディオの音を一度聴いてご覧なさい。もう元には戻れないから。
 その素晴らしい音を、ストレスなく聞くための必要経費と考えれば、これは出さざるを得ない金なのである。

 とにかく我が家では、ネットワークオーディオにしたあと、音楽を再生する時間が飛躍的に増えた。ドン亜局を再生しても、聞いていて気持ちがいいからである。
 今朝は、モーツアルトのピアノコンチェルト20番、21番を聞いた。確か、ピアニストは、ポリーニである。これは25年ほど前、クリスキットを使い始めてあまりの音の美しさに陶然とし、

 「これでバイオリンを聞いたらさぞかし快感であろう」

 と考えて買い求め、惚れ込んだ楽曲である。
 それを再び、さらに美しい音で楽しむ。これを人生の楽しみといわずしてなんといおうか。


 そういえば本日、天皇・皇后が桐生を通り過ぎた。足尾からわたらせ渓谷鉄道に乗って山の新緑を楽しみ、JR桐生駅からお召し列車で帰っちゃったとか。 
 私にとってはどうでもいい話だが、桐生にとってはビッグイベントだったはずだから(車でJR桐生駅を通りかかったら、腕章を巻いたオッちゃんたちが沢山いて「あいつら、何だ?」と、私は思った)、一筆書き加えた。

 私のiMacが元気らしいので(現在、CPUは36℃、GPUは49℃で、全くの正常値)、明日からもできるだけ日誌を書くことをお約束する。

 

前の日誌                             
無断               メール