●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2014年6月25日 全快

 わが家のネットワークオーディオが全快した。
 すべてのアルバムが、iPadの操作アプリから見えるようになった。そして、I君からもらった楽曲も、美しい音で再生できるようになった。
 これで、万事OKである。

 昨夜日誌を書いているときまでは、こうはいかなかった。
 I君からもらったものを除く音楽は再生できるようになっていたが、どうしてもI君からもらったアルバムは出てきてくれない。出てきてくれないから、再生することもできない。
 いってみれば、半病人の状態であった。

 実は、昨夜日誌を書いているころに、あの、QNAP日本代理店からメールが入った。内容は、次の通りである。


 この度はお電話にてご連絡頂きました内容について、お試し頂きたい内容の操作も御座いますため、一度メールにて下記の通りご案内申し上げます。

 ・Twonkyの再起動
 ・メディアライブラリーの再構築(下記手順を記載させて頂きます)
  1.コントロールパネル>アプリケーション>マルチメディア管理の「メディアライブラリー」タブを選択
  2.「メディアライブラリーの再構築」を実施

 以上2点で改善が見られるかご確認頂きたく存じます。

 また、別途ご質問頂きましたディスクチェックの結果について、ログからディスクに検知されたエラーは正常に修復された物と思われます。そちらで改善が今回見られないとの事で御座いますため、今回発生している症状がディスクエラーに起因しない物である可能性が御座います。


 ま、あまり上等な日本語ではない。はっきり言って、何をいいたいのか分からないところも多々ある。
 が、要は、理解できなくても症状が消えればいいのだ。
 そもそも、

 Twonkyの再起動?

 いったいどうすりゃいいんだ?

 ということなので、とりあえず分かることだけやってみることにした。それで症状が変わらなければ、夜明けを待って

 「これ、わからんのだけど」

 と電話をすればよい。

 理解できたのは、

 メディアライブラリーの再構築

 である。操作手順が書いてあるのだから、私にもできるはずである。
 で、やってみた。ほとんど時間もかからず、作業は終了した。が、それで本当に修復されたのか?
 できることなら、クリスキットのスイッチを入れ、音楽を再生してみるのがよい。ところが、作業が終わったのは午後11時過ぎである。そんな時間に音楽を再生したら、我が妻女殿に殺されかねないことは、読み継がれている読者諸氏であれば、十分にご理解いただけると思う。

 音が出せない状況で、では、どうやって回復具合を測定するのか。簡単である。クリスキットのスイッチを入れないまま、ネットワークプレーヤーを稼働させればよろしい。
 私はiPadの操作アプリからネットワークプレーヤーの電源を入れ、NASに入っているアルバムを表示させた。おお、ある。I君にいただいたアルバムがすべて現れている。

 だが、待て、しばし、我が心。
 そもそも、I君のアルバムを聴こうとした23日月曜日にも、すべてのアルバムが表示されていたではないか。それを再生しようとしたら1曲目は、極めて拙く再生し、2曲目からおかしくなったのである。そして、I君にもらったのが見あたらなくなった。だから、見えたことだけで喜んでは、ぬか喜びになってしまう恐れ大である。

 では、どうするか。
 再生してみるのである。再生されているかどうかを、iPadの操作アプリで見る。音は聞こえないが、そこに表示されるタイマーが順調に時を刻めば、再生されている可能性が大きい。
 やってみた。うん、確かにタイマーは動いている。

 では、他の曲はどうか? 最初躓いたのは2曲目であったな。
 やってみる。うん、これもタイマーは動いている。では、他のアルバムならどうだ? おお、これも動く。そうか、修復できたか。

 その段階で私は、修復方法を教示してくれた代理店に、こんなメールを送った。


 

 ただいま、
 ・メディアライブラリーの再構築
 を行いました。iPadのコントロールアプリで見るかぎり、正常に戻ったと思われます。
 つまり、前のメールで
 「既存の曲は操作アプリに現れて再生できるようになったが、新しくNASにコピーした曲は、プレーヤー、操作アプリ辛み得ない」
 とご報告しましたが、その症状がなくなりました。
 夜分のため、音出しまではしていませんが、少なくとも操作アプリ上では再生が始まった、つまりカウンターが時を刻むようになりました。
 明朝、音を出してみて結果をご報告します。

 できましたたら、何処が悪かったのかご教示いただけると助かります。
 また、
 ・Twonkyの再起動
 とありましたが、手順が分かりません。これも、今後のために教えていただきたいと思います。

 今後も、トラブルのたびにお世話になると思いますが、できればお手数をかけたくないため、分かりやすい参考書があれば購入したいと思います。ほぼ素人の私にもQNAPがある程度理解できる書籍はありませんでしょうか?

 以上、お願いばかりですがよろしくお願いします。


 そして、このメールで約束したとおり、今朝、またメールした。


 朝から音を出してみました。
 昨日まで見えなかったアルバムもきっちり再生できています。まだ2枚目の再生中ですが、修復したと判断していいようです。

 お世話になりました。
 というわけで、お電話をいただく必要はなくなりました。
ただ、ひとつ前のメールに書いた質問には、メールで結構ですのでお答えをいただければ幸いです。

 ありがとうございました。
 また、これからもよろしくお願いします。



 かくして、わが家のネットワークオーディオは全快した、のである。

 今週末からは、入会したTSUTAYAから、定期的にCDが送られてくる。すでに43枚のCDを予約しており、これは今後、急速に増えるはずだ。ロックの名盤といわれるものはすべて我がNASに納めたいし、レコードからCDへの移行期に、CDに買い換えなかったジャズのアルバムもたくさんあるのだ。注文リストは当面、増える一方になるはずである。

 かくして、わが家の音楽ライブラリーは今後、急速に豊富になる。

 と書いたら、クリスキットを設計した故桝谷さんを思い出した。

 「安堂さん、オーディオ装置からはこれ以上の音は出てこないんだと了解できたら、これまでオーディオに注ぎ込んでた金をCDに使いなはれ。あれ、あそこに高いアンプがある。ああ、わてに200万円あったらもっといい音で音楽を聴けるはずや、なんてさもしい妄想に囚われるより、その金を音楽そのものにつぎ込んだ方が、人生、はるかに豊になりまっせ」

 そういっていた故桝谷さんに、ネットワークオーディオの音を聞かせてあげたかった。でも、なんというだろう?

 「あんさんな、たかが音楽を聴くのに、何でこんなややこしいことをせなあきまへんのや? そもそもLANやとかNASやとか、わてにはさっぱり分かりまへんのや。これ聞こう思ても、どないしたら聞けるのかさっぱり分からん。おまけに、トラブルの連続や。CDで十分なんとちゃいまっか?」

 とでもいうか? それとも、

 「よう教えてくれました。確かに素晴らしいわ。CDにはこないにいい音が入ってたんですなあ。でも、使い勝手の悪さは何ともなりまへん。わて、もうすこし使いやすいネットワークプレーヤーを作ってみたい、思い始めましたんやけど、どないです?」

 ほんと、桝谷のオッサンに聞かせたかったわ、この音。
 さて、明朝は何を聴こう?

 

前の日誌                             
無断               メール