●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2015年6月3日 彼我の差

 今朝の日本経済新聞をながめていて、思わず膝を打った。36面、つまり一番後ろのページに掲載された

 「世界の映画と日本映画 カンヌ2015」

 というコラムである。歯に衣着せぬ切れ味の鋭さに、心の内で快哉を叫んだ。

 御存知のように、我が家にはディスク化された映画がたくさんある。最近はもう数えなくなったから何本あるかは神のみぞ知るのだが、4、5000本はあるのではないか。カンヌ受賞作に限っても160本を超す。だから、映画の記事には、ついつい目が引き寄せられる。

 コラムは、今年のカンヌ国際映画祭を現地紙などがどう報じたかをレポートしたものである。それによると、

 ルモンド紙は
 「耐え難いコンペ」
 「
(19本のコンペ作品のうち5本を占めた仏作品は)大部分がカンヌの水準に達していない
 と書いた。

 リベラシオン紙は
 「(仏作品がパルムドール、男優賞、女優賞を受賞したのは)フランス人同士の社会福祉政策
 と書いた。

 英ガーディアン紙は
 (パルムドールを受賞したオディアール監督の『ディーパン』は)オディアールの最高作ではない
 と書いた。

 また、仏以外の作品についても

 リベラシオン紙は
 「一新させる意志、新人を増やす意志は理解できたが、選ばれた作品の大部分を前にして我々は意気消沈した」
 と書いた。

 ルモンド紙は
 (常連のガス・ヴァン・サント、マッテオ・ガローネは)不調
 と書いた。

 リベラシオン紙は、監督賞を得た台湾の「黒衣の刺客」を
 我らのパルム
 と書いた。

 いかがであろう。このコラムから拾った欧州の新聞の舌鋒である。鋭い。

 さて、ここで翻ろう。
 我々の日本のメディアは、映画について何を報じているのか?

 アカデミーでもカンヌでも、世界的な映画祭は日本のメディアも確かに報じはする。だが、主眼は日本作品の行方だ。
 今回目だったのはこれだ。

 「黒沢清監督に最優秀監督賞 カンヌ『ある視点』部門」

 とにかく、日本人監督の作品、日本人俳優が出た作品、日本製のアニメが授章するかどうかが、日本のメディアの最大の関心事である。

 日本人が受賞したとなると大騒ぎし、受賞しなければ盛り下がる。
 出品作の出来不出来、選ばれた作品が賞に相応しいのかどうか、審査員は目利きなのかどうか、など欧州のメディアが競って(と、日経のコラムを読めば受け取れる)言及する本質的な問題にはまったく目を向けない。映画を1本も見たことがない記者だって書ける水準の記事、いやレポートしか掲載されない。

 では、吾こそは映画評論家なりと偉そうにしている連中はどうか。
 褒める一方なのだ。どんな映画が出てきても、褒める。

 「褒めなきゃねえ、評論家ってのはおまんまの食い上げなんですわ。そやから、どんなものでもとりあえず褒める。褒めてメーカーから金をもらうのが評論家ちゅうヤツですわ」

 桝谷さんがオーディオ評論家を十把一絡げにしてバカにしていたことを思い出す。そう、対象は映画に変わっても、所詮は評論家。褒めて褒めて、褒め殺すのが日本の映画評論家である。きっと、映画会社に映画のただ券を沢山もらっているのだろう。
 連中の書いたものに何度だまされたか。

 しかし、こうしてみると、欧州のメディアの大人ぶりと、日本のメディアのガキぶりがよくわかる。それを支えているのは読者だ。

 欧州の読者は褒め殺す原稿をバカにするのだろう。だから、そんな記者も評論家も仕事をなくす。残った連中は必死に己の鑑識眼を磨く。いい循環だ。

 では、日本の読者はなぜ褒め殺す原稿を生きながらえさせているのか? 私のように、読んだおかげでとんでもない被害を被っている人も多かろうに。
 ひょっとしたら、日本の読者は、我が国の映画評論を頭から信じていないのではないか?

 「ああ、こんなバカなことを書いているが、そうでもしないとこの人(記者、評論家)は生活ができないんだよねえ。世の中に恥を振りまかなきゃ生きていけないなんて可愛そう」

 と同情しているのではないか?
 であれば、日本の読者の方が遥かに大人ということになるが……。

 あ、ふと思い出したけど、最近執筆は止まっているけど、私の

 「シネマらかす

 は面白いよ!

 我が国の評論活動の貧しさを嘆き、ついでに「らかす」のPRをしてしまった本日でありました。



前の日誌                             
無断               メール