●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2015年9月9日 司法試験

 で、ズルをしたヤツがいた。なんでも、大学院大学の先生で、司法試験の問題もお作りなる方が、教え子の女子学生に問題を漏らしたのだという。

 この先生、67歳。老いてますます盛ん、というところか。ご本人は

 「彼女は前回失敗したので、今年はなんとしても通してあげたかった」

 てなことを供述されているそうだが、そんな白々しいことを

 「なるほどねえ」

 などと頷くほど我々はウブではない。
 だって、教え子の男子学生にだって、去年落ちて落ち込んでいたヤツもいるはずだ。そいつには個別指導も問題漏洩もやらなかったということは、特別目をかけた女子学生にだけ好意を示したことになる。
 テレビを見ながら、

 「まあ、いくら司法試験に通るためとはいえ、あんなじいさんの前でパンツ脱ぐか?!」

 などという、ごくまっとうな会話が全国津津浦々でなされていることと思う。
 
 この先生、私とほぼ同年代。まあ、何とも羨ましいことである。俺も使える権力、権限を持ちたかったなあ。

 羨ましくはあるが、新聞やテレビのように、

 「けしからん。厳正であるべき国家試験で、しかも最難関の司法試験で問題漏洩が起きるとは!」

 などという月並みな憤りは、ちっとも沸き上がらない。

 私だって、40数年前には法学部に在学していた。しかも、あろうことか、司法試験を目指していた。俺は正義の弁護士になる。
 それが、なぜか学生結婚する羽目になり、

 「であれば、在学中の司法試験合格は無理だよな」

 と、一時は

 「30歳までに通る」

 という目標を掲げながら、

 「いや、こっちの仕事の方が面白そうだし、世の中の役にたちそうだ」

 と今の仕事を選んだ。弁護士より今の仕事がよかったかというと、まあ、弁護士はやったことがないので比較はできない。
 ただ、少なくとも収入は向こうの方が上みたいだし、あの仕事には定年がない。だから、ひょっとしたら経済的には今より恵まれたかも知れぬ。
 
 だが、である。ちっとも後悔していないのだ、弁護士にならなかったことを。
 そう、なれなかったのではない。ならなかったのだ。そもそも、司法試験を一度も受けていないのだから、そこには

 「ならない」

 という意志が働いたのである。司法試験を受けていたら、通ったかどうかは問わぬが花だ。

 だって、である。
 私もこの年齢まで生きてくれば、弁護士の1人や2人を知らないわけではない。記憶にとどめていない弁護士を入れれば、少なくとも10数人には会ったはずだ。
 彼ら、総じて人間的魅力に欠ける。お友達になりたいなあ、と思える人材が極めて少ない。
 だって、奴らの飯の種は、人と人との争いだ。その一方に肩入れして、できるだけ多くの金をふんだくるのが彼らの仕事の基本である。境界線争い、離婚、相続。そんな欲の塊みたいなことに参画して、法律の文言を振り回して身過ぎ世過ぎをして大枚の金をふんだくる。

 「そんなに働いてもらったっけ?」

 という仕事で人間性が磨かれるはずがない。

 それに検察官の犯罪はあちこちで暴かれたし、判事だって世間知らずの集まりである。中には、裁く身でありながら、裁かれてしまった判事がいたことも記憶に新しい。


 という目で司法界を見ていると、今回の問題漏洩事件は、何だかほほえましい

 「おほっ。法律でがんじがらめの法律の虫にも、そんな人間的なところが残っていたのかね。法律を悪用して懐を膨らませたわけではないし、笑ってやればいいんじゃない?」

 というのが第一印象だ。そもそも、不逞の輩が跋扈している司法界に、インチキ受験で仲間入りしたのが5人や10人混ざったところで、大勢に変化はない。いや、インチキしちゃったという原罪をもっている輩の方が、贖罪のために、普通ではできない立派な仕事をするかも知れないではないか。

 ばれちゃった2人が裁かれるのは仕方ない。インチキをするのなら、ばれないようにインチキをする、という知恵に欠けていたからだ。

 だが、不正が一つもない世の中と、そこそこに不正もあり、でも正義もたくさんある世の中と、どちらが住みやすいか?
 ホコリが一つも落ちておらず、あるべきところにきちんとあるべき家具があり、テーブルには美術全集が数冊載っている、まるで雑誌から抜け出たような部屋と、

 「おい、いつ掃除したんだ?」

 といいたくなる雑然とした部屋と、どちらが居心地がいいか?

 人それぞれである。判断は分かれよう。
 私は、正しいことしか許されない息苦しい世界はゴメンだ。67歳で20代の女性に激しく恋慕し、体での奉仕が苦しくなった分、身につけた権力、権限で彼女に奉仕しようとする男がいる世の中の方が楽しい。

 でも、テレビのアナウンサー、コメンテイター、新聞記者。何であんなにしかつめらしい顔をしてこの犯罪を憂うのかね。ひょっとしたら、あんたもコネで入ったんじゃない? それがあるから、世間に向かって怒って見せなければ、自分の犯した罪があからさまになるような気がするとか?

 
 で、皆様のお住まい、台風の影響はいかがでした?
 桐生は、一時は雨が激しかったものの、たいしたことはありませんでした。雨が激しくても、外出しなければ濡れもしないし……。
 皆様、急速に秋です。ご自愛を。



前の日誌                             
無断               メール