●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2015年12月3日 ドクダミ茶

 便秘である。
 快眠・快食・快便を楽しんできたはずの私が、便秘である。
 朝食後、トイレに座る。出ない。なかなか出ない。気張る。もっと気張る。出る。だが、少しだけ。

 ここ1週間か10日、そんな不快感な日々が続いている。

 「ふむ、これが便秘というものか」

 人生で長い間経験しなかった不快感を、当初はそれほど気にするでもなかった。

 「まあ、出たくなれば出るだろう」

 このゆとり感が私である。
 だが、長い。個人的な感想を言えば、長すぎる

 「そういえば、こんなこともあろうと買ってあったな」

 いや、買ってあったといっても、スポイト型浣腸器ではない。あんなものを常備するに至れば、ほとんど病気である。
 買ってあったのは

 「日本の知恵ぐすりを暮らしに」(瀬戸内和美著、東邦出版)

 という本だ。どこかの新聞広告で見かけ、何かの役に立つこともあろうとamazonで買い求めたのは、そう、1ヶ月ほど前か。

 昨夜、布団に入るときにこの本を持参した。横になって目次で「便秘」を探す。おお、あるある、94ページだそうな。

 4つの民間薬が掲載されていた。

 1)味噌湿布;味噌とおろし生姜を混ぜ、湯で溶く。これで臍のあたりを湿布する。子ども向け
 2)大根葉の青汁;大根の葉をミキサーにかけ、ガーゼで越した汁
 3)サツマイモ粥
 4)ドクダミ茶


 さて、あなたならどれを選びます?

 まあ、私は大人のなれの果てである。とすればまず1)が落ちる。大根の葉の汁? まずそう! これもパス! 女子供がこの上なく好むサツマイモ? 俺、とりあえず男の大人だし。
 というわけで、まずドクダミ茶を試みようと決めた。

 が、何処で手に入る?

 考えた末、時々行く漢方薬局を訪れた。

 「ドクダミ茶、ある?」

 「どうしたんですか?」

 「いや、多分、腰の薬の副作用だと思うんだけど、便秘になっちゃって、それでドクダミ茶を、と」

 「えーっ、便秘にドクダミ茶? あまり聞きませんよ。おしっこの出が悪いときに呑むのはよくありますけどね」

 「だって、本に書いてあったんだよ。で、ある?」

 「はあ、いまあるのは葉っぱ状態のヤツで。ティーパックになってるのはちょうど売り切れまして」

 「まあ、しょうがない。大麻の葉っぱなら喜んで買っていくけど、まあ、ドクダミは渋々買っていくわ。これ、熱湯を注いで呑めばいいわけ?」

 「いや、多少煮込んで頂かないと」

 「面倒だねえ。でも、これしかないんじゃしょうがないな。あれ、ほら見てごらん! この袋に書いてあるジャン! 便秘尿量減少便秘に伴う吹き出物に効く、って。最初が便秘だよ!」

 「……」


 で、勝ち誇った気分で我が家に持ち帰り、早速煎じた。袋には600ccの水にドクダミを15gを入れて、水が400ccになるまで煮詰める、とある。これが1日分だとか。
 面倒だから3日分作っておこう。

 これを1日3回、食前か食間に飲むとある。食前には間に合わなかったので、つい先ほど初めて呑んでみた。

 「死ぬほど不味いのでは」

 と怖々呑んだが、それほどでもない。一気に飲み干せた。
 が、まだ便意はない。まあ、漢方薬の一種である。とすれば効き目はゆっくりとしか出ないか。

 さて、いつになったらドバッと出るのか。その日が楽しみだ。
 もちろんドバッと出た日は、微に入り細を穿ったレポートをお届けすることを、いまからお約束しておく。



前の日誌                             
無断               メール