●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2016年3月24日 本音

 ここしばらく、プロ野球選手の賭博疑惑が新聞、テレビ、週刊誌で取り上げられた。
 現役の選手であるにもかかわらず野球賭博に手を出した。けしからん。論調はおおむね一致している。

 だが、これ、そこまで言いつのらなければならないほどいけないことなのか?

 いや、当初は私も、マスメディアの論調と同調して、

 「そうそう、こいつらはけしからん!」

 と素直に考えていた。
 震源地が、私が大嫌いな巨人であったこともある。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、の例えのごとく、

 「そやそや、とにかく巨人はけしからん!」

 と浮かれていたと言ってもいい。
 が、それが他球団に広がり始めて、夏の甲子園の勝ち負けを賭の対象にしていた話まで出てきて、

 「そんなに悪いことか?」

 と疑問を持ち始めた。
 だって、私だって高校野球の賭けに参加したことはあるもん。予想は外れっぱなしで金を取られる一方だったが、それでも賭けに加わった。
 それって、そんなに悪いことか? 負けた分はきちんと支払ったし、誰にも迷惑はかけていない。それでも社会的に非難されなければならないことなのか?

 「純朴に球を追う給仕たちを裏切るものだ」

 ちょいと待ってくれ。高校生ってそんなに純朴か? あんた、高校生の時代は純朴というバカだったのか?

 いや、たとえ純朴な高校球児がいたとしても、だ。賭けに参加すると高校球児を裏切ることになるのか? そもそも私は、甲子園でプレーする球児たちとは縁もゆかりもないし、顔を見合わせたことも話をしたこともない。裏切ろうとしても裏切りようがないのである。
 縁もゆかりもないということは、影響を及ぼすこともできないということだ。

 「俺さあ、相手のチームに大金をかけたから、次の試合、負けてくれ」

 とどれほど願ったとしても、そんな働きかけをするつながりはないのである。そんな遠く離れた場所から勝敗に金をかける。
 それって、いけないことなのか?

 ゲームに賭ける。それはゲームの楽しみ方の1つであり、そのゲームの勝敗に影響力を持たない立場にいさえすれば、誰がやっても構わないのではないのか?

 それは、プロ野球の選手にしても同じはずである。

 自分が勝敗に影響力を発揮できるゲームに金を賭けるのは、八百長試合になる恐れがある。厳に取り締まらねばならぬ。だが、そうでなければ、試合の成り行きを予想して、自分の金をかけるだけある。それの何処が悪いのか?

 巨人の選手がタイガースとドラゴンズの試合に賭ける。阪神の選手がソフトバンクと西武の試合に賭ける。その何処に問題があるのか。
 いや、自軍に賭けてもいい。ただし、自軍が勝つ方に賭けるのである。巨人・阪神で、巨人の選手は全員が巨人の勝利に賭け、阪神の選手は全員阪神が勝つ方に金を投じる。その方が試合は盛り上がらないか?

 「ファンの夢に水を差す」

 「子供たちに悪い影響を及ぼす」


 マスメディアは決まり文句のようにそういう。

 だが、野球ファンの何人が、野球選手は道徳的にも優れていなければならないと思っているのだろう? プロ野球選手の条件とは、野球技術に優れることである。道徳で他を圧することではない。もし後者であれば、私は今ごろ、プロ野球、プロサッカー、プロテニス、とにかく、あらゆるプロスポーツで世界1、2を争うスタープレーヤーになり、巨万の富を築いていたはずだ。だが現実は、私にマウンドを任せる球団があるはずはなく、ゴールを託すサッカーチームもない。従って巨万の富はなく、高楊枝に甘んじなければならない。

 もういい加減に、建前を書き連ねて何かを主張したような気になるのはやめないか。書いた本人、しゃべった本人は、世の中に何かを発信したような自己満足を覚えるのかも知れないが、世の中は何も受け取らず、

 「ああ、またバカなことをいってるよ」

 とせせら笑っているのである。

 むしろ、みんなの本音をピックアップせよ。その本音を論理化したらどうだ?

 「ああ、確かに野球に賭けたよ。だけど俺が出る試合ではないし、し合いの帰趨には何の影響力も及ぼせない。それでも、俺は悪いことをしたっていうの?」

 という選手が1人ぐらいいてもいいではないか。むしろ、その発言を原点として野球賭博問題を見直してみるべきだと思う。自分が影響力を及ぼせない試合に賭けるのは何の問題もない。その視点で事件全体を見直す必要がある。

 と考えてくると、賭博に関する問題は1つだけである。
 ヤクザの資金源になることだ。賭が大きくなればなるほど、取り仕切るのはヤクザ屋さんになってしまい、ヤクザ屋さんを富ませることになる。

 さて、そんな視点でこの問題に取り組んだメディアはあったっけ?

 ああ、そういえば、試合前に全員で金を出し、勝てば試合前の声出しをした選手に全額を渡し、負ければ同額をその選手から取り立てていた、ってな話も、

 「けしからん!」

 と取り上げたメディアが多数に登った。
 いいじゃん、そんなこと。チームの士気を高めこそすれ、試合の勝敗にはまったく無関係でしょ?
 こんな他愛もないことまで犯罪同様に扱う社会は、どこかが病んでいる。

 本音だけで成り立つ社会はなく、建前だけで済む暮らしもない。本音と建て前は、健全なバランスを取らないと、世の中がおかしくなる。
 「世間の目」を意識しすぎて建前ばかりがメディアの表面に出て来る社会は息苦しい。建前上の健全さばかりを求めて何かを成し遂げた気になっている大手メディアには、自分たちが住みにくい世の中の構築を進めていることに一刻も早く気がつき、健全なバランスを取り戻すべく努力をしていただきたい。

 と御願いしても、聞いていただけるかなあ……。



前の日誌                             
無断               メール